第5回定期演奏会《モーツァルトの教会音楽》1991.11.15 ノバホール

【演奏者】
指揮 鈴木優 / ソプラノ 大谷 しほ子 / アルト 阪口直子 / テノール 山内広文 / バス 山崎岩男 / 第1ヴァイオリン 大谷美佐子,大田 也寸子 / 第2ヴァイオリン  阿部 麻利子,二橋 洋子 / チェロ 中沢 央子 / コントラバス 桜井茂 / トランペット 前田 進,池田 英三子 / オルガン 渡部聡 / 合唱 つくば古典音楽合唱団


【プログラムと演奏録音】
Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) モーツァルト
Missa brevis in F K.192 小ミサ曲
  1. Kyrie   あわれみの賛歌 05-01.mp3:3.7MB
  2. Gloria   栄光の賛歌 05-02.mp3:4.4MB
  3. Credo   信仰宣言 05-03.mp3:5.8MB
  4. Sanctus   感謝の賛歌Ⅰ 05-04.mp3:1.4MB
  5. Benedictus   感謝の賛歌Ⅱ 05-05.mp3:1.9MB
  6. Agnus Dei   平和の賛歌 05-06.mp3:3.9MB

-休憩-

 

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

モーツァルト
Vesperae de Dominica K.321 主日のための晩課
  1. Dixit Dominus   主は仰せられる 05-07.mp3:3.8MB
  2. Confitebor   主をほめまつる 05-08.mp3:5.7MB
  3. Beatus vir   幸いなるかな 05-09.mp3:4.3MB
  4. Laudate pueri   ほめたたえよ、主のしもべたちよ 05-10.mp3:4.3MB
  5. Laudate Dominum   主をほめたたえよ 05-11.mp3:4.5MB
  6. Magnificat

  わが心は主をあがめ 05-12.mp3:4.8MB
Encore: Mozart, Ave verum corpus K.618 05-13.mp3:3.1MB


【プログラムノート】

《合唱曲》 鈴木 優

本年1991年は、周知のようにヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791) の没後200年にあたります。

クラシック音楽に対して日頃冷淡なテレビ局でさえモーツァルトを題材とした番組を放送しましたし、モーツァルトの作品を演奏するコンサートは数え切れないほどありましたので、皆様の中には少々食傷気味だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

モーツァルトがあまりにも特別な存在であるので仕方ないとも思えるのですが、他にも今年が"記念年"である有名な作曲家はいるわけです。例えば、協奏曲「四季」で有名なヴィヴァルディ(1678-1741)は没後250年ですし、「新世界交響曲」をものしたドヴォルザーク(1841-1904)は生誕150年ですね。14世紀初頭にフランスで"アルス・ノヴァ"という音楽理論書をあらわしたことで知られるフィリップ・ド・ヴィトリー(1291-1361)にいたっては、なんと今年が生誕700年!!

6年前の1985年はバッハが生誕300年ということで注目されましたが、ヘンデルも同年の生まれですし、シュッツの生誕400年でもあったわけですが、必ずしも正当な注目を集めなかったのは記憶に新しいところです。

*  *  *

モーツァルトは、その35年の生涯の間に、オペラやダンスのための音楽、室内楽、協奏曲、管弦楽のための音楽など様々なジャンルの音楽を作曲しました。

教会音楽の分野にも18曲のミサ曲、4曲のリタニエ、2曲のヴェスペレ、その他多数のモテット、ミサ単独楽章が残されています。

本日のプログラムの前半で演奏いたしますミサ・ブレヴィスK.192は1774年6月24日にザルツブルグで完成されました。モーツァルト18歳の作品です。

モーツァルトの生地であるザルツブルグは当時ローマ教会領であり、領主はローマ教会より任ぜられる大司教職の貴族が務めるという都市でした。モーツァルトは、少年時代ヨーロッパの大都市を演奏旅行しましたが、その後1772年から1781年までの間、父レオポルド同様、大司教に仕える音楽家だったわけで、教会音楽の大部分はこの時期の作品です。

当時の大司教であったヒエロニムス・コロラドはミサの司式に長い時間をかけることを好まず、大きなミサでも全体で45分を超えることを許さなかったといわれています。

このような制約の中で作曲されたため、この時期のミサ曲には20分前後の簡潔なものが目立ちます。

K.192もそういった条件の中で、短いながら密度の濃い音楽となっています。全曲にわたって魅力的な旋律や転調に満ちていますが、ここではクレドの中で繰り返される主題が、交響曲第1番(K.16)、第33番(K.319)、そしてジュピター交響曲のフィナーレなどで使われているものと同じであることを指摘しておきたいと思います。

主日のためのヴェスペレK.321は1779年にやはりザルツブルグで作曲されました。

ヴェスペレとはカトリック教会の公的な祈りである聖務日課のうちの「晩課」であり、日没時の「夕べの祈り」を意味します。

テキストは旧約聖書中の5つの詩篇とルカ伝によるマニフィカトで、各章の結尾には頌栄がつきます。

全6楽章は調性も様式も非常に多様です。ラウダーテ・プエリは古い教会音楽のスタイルであるフーガで作曲されています。

その一方でラウダーテ・ドミヌムは華やかなコロラトゥーラを聴かせるオペラのアリアのようであり、また他の楽章は合唱、独唱者、器楽が競い合うコンチェルト様式となっています。

以前、LPレコードで音楽を聴いていた時代には輸入盤を漁ってもモーツァルトのミサ曲を全部聴くことはできませんでした。CDの時代になった現在では、ほぼ全作品が録音されたようです。

本日の私達の演奏が契機となってモーツァルトの教会音楽に興味をもたれる方がおられましたら何よりと存じます。


歌詞対訳
Missa brevis in F, K.192 小ミサ曲
1. Kyrie 1. あわれみの賛歌
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
2. Gloria 2. 栄光の賛歌
Gloria in excelsis Deo. 天のいと高きところには神に栄光、
Et in terra pax hominibus bonae voluntatis. 地には御心に適う人に平和あれ。
Laudamus te. われら 主をほめ、
Benedicimus te. 主をたたえ、
Adoramus te. 主をおがみ、
Glorificamus te . 主をあがめ、
Gratias agimus tibi propter magnam gloriam tuam. 主の大いなる栄光のゆえに感謝し奉る。
Domine Deus, 神なる主、
Rex coelestis, 天の王、
Deus Pater omnipotens. 全能の父なる主よ。
Domine Fili unigenite, 主なる御ひとり子、
Jesu Christe. イエス・キリストよ。
Domine Deus, 神なる主、
Agnus Dei, 神の子羊、
Filius Patris. 父の御子よ。
Qui tollis peccata mundi, 世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Qui tollis peccata mundi, 世の罪を除きたもう主よ、
suscipe deprecationem nostram.    われらの願いを聞き入れたまえ。
Qui sedes ad dexteram Patris, 父の右に座したもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Quoniam tu solus Sanctus. 主のみ聖なり、
Tu solus Dominus. 主のみ王なり、
Tu solus Altissimus, Jesu Christe. 主のみいと高し、イエス・キリストよ。
Cum Sancto Spiritu in gloria Dei Patris. 聖霊とともに、父なる神の栄光のうちに。
Amen. アーメン。
3. Credo 3. 信仰宣言
Credo in unum Deum, われは信ず、唯一の神、
Patrem omnipotentem, 全能の父、
factorem coeli et terrae, 天と地、
visibilium omnium et invisibilium. 見ゆるもの、見えざるものすべての造り主を。
Et in unum Dominum Jesum Christum, われは信ず、唯一の神、
Filium Dei unigenitum. 神の御ひとり子、イエス・キリストを。
Et ex Patre natum ante omnia saecula. 主はよろず世のさきに、父より生まれ、
Deum de Deo, 神よりの神、
lumen de lumine, 光よりの光、
Deum verum de Deo vero. まことの神よりのまことの神。
Genitum, non factum, consubstantialem Patri: 造られずして生まれ、父と一体なり、
per quem omnia facta sunt. すべては主によりて造られたり、
Qui propter nos homines 主はわれら人類のため、
et propter nostram salutem descendit de coelis. またわれらの救いのために天よりくだり、
Et incarnatus est de Spiritu Sancto 聖霊によりて、
ex Maria Virgine: おとめマリアより御からだを受け、
et homo factus est. 人となりたまえり。
Crucifixus etiam pro nobis: ポンテオ・ピラトのもとにて、われらのために
sub Pontio Pilato passus, 十字架につけられ、苦しみを受け、
et sepultus est. 葬られたまえり。
Et resurrexit tertia die, secundum Scripturas. 聖書にありしごとく、三日目によみがえり、
Et ascendit in coelum: 天にのぼりて、
sedet ad dexteram Patris. 父の右に座したもう。
Et iterum venturus est cum gloria 主は栄光のうちに再び来たり、
judicare vivos, et mortuos: 生ける人と死せる人とをさばきたもう
cujus regni non erit finis. 主の国は終わることなし。
Et in Spiritum Sanctum Dominum, われは信ず、主なる聖霊
et vivificantem: 生命の与え主を。
qui ex Patre, Filioque procedit. 聖霊は父と子よりいで、
Qui cum Patre et Filio simul adoratur, 父と子とともに拝み
et conglorificatur: あがめられ、
qui locutus est per Prophetas. また預言者によりて語りたまえり。
Et unam, sanctam, catholicam, われは一・聖・公・
et apostolicam Ecclesiam. 使徒継承の教会を信じ、
Confiteor unum baptisma 罪のゆるしのためなる
in remissionem peccatorum. 唯一の洗礼を認め、
Et expecto resurrectionem mortuorum. 死者のよみがえりと、
Et vitam venturi saeculi. 来世の生命とを待ち望む。
Amen. アーメン。
4. Sanctus 4. 感謝の賛歌I
Sanctus, Sanctus, Sanctus, 聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
Dominus Deus Sabaoth. 万軍の神なる主、
Pleni sunt coeli et terra gloria tua. 主の栄光は天地に満つ。
Osanna in excelsis. 天のいと高きところにホザンナ。
5. Benedictus 5. 感謝の賛歌 II
Benedictus qui venit in nomine Domini. ほむべきかな、主の名によりて来る者。
Osanna in excelsis. 天のいと高きところにホザンナ。
6. Agnus Dei 6. 平和の賛歌
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
dona nobis pacem.

   われらに平安を与えたまえ。

Vesperae de Dominica, K.321

主日のための晩課

1. Dixit Dominus 1.主は仰せられる
【『詩篇』第110篇/ヴルガタ版109篇】
Dixit Dominus Domino meo: 主はわが主に仰せられる。
Sede a dextris meis: 私の右に座せよ、
Donec ponam inimicos tuos 私があなたの敵を
scabellum pedum tuorum. あなたの足台とするまで、と。
Virgam virtutis tuae emittet Dominus ex Sion: 主はあなたの力ある杖をシオンから出される。
donimare in medio inimicorum tuorum. あなたはあなたのもろもろの敵の中で治めよ。
Tecum principium in die virtutis tuae あなたの力ある日には、聖人たちの輝きのうちに
in splendoribus sanctorum: 本源はあなたとともにある。
ex utero ante luciferum genui te. 暁の前に胎から私はあなたを生んだ
Juravit Dominus et non poenitebit eum: 主は誓いを立てて、それを変えられることはない:
Tu es sacerdos in aeternum あなたはメルキゼデクの位に従って、
secundum ordinem Melchisedech. とこしえに祭司である。
Dominus a dextris tuis, 主はあなたの右におられて
Confregit in die irae suae reges. その怒りの日に王たちを打ち破られる。
Judicabit in nationibus, 主はもろもろの国の中で裁きをおこない、
implebit ruinas: しかばねをもって満たし、
Conquassabit capita in terra multorum. 広い地を治める首領たちを打ち破られる。
De torrente in via bibet: 主は道のほとりの川からくんで飲み、
propterea exaltabit caput. それによって、そのこうべをあげられるだろう。
Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto, 父と子と聖霊に御栄えあれ、
Sicut erat in principio et nunc et semper はじめにあったごとく、今も、いつも、
et in saecula saeculorum. 世々に限りなく。
Amen.

アーメン。

2. Confitebor 2. 主をほめまつる
【『詩篇』第111篇/ヴルガタ版110篇】
Confitebor tibi, Domine, in toto corde meo: わたしは心を尽くして主に感謝する、
in consilio justorum, et congregatione. 正しい者の集い、および公会で。
Magna opera Domini: 主のみわざは偉大である、
exquisita in omnes voluntates ejus. すべてそのみわざを喜ぶ者によって尋ね崇められる。
Confessio et magnificentia opus ejus: そのみわざは栄光と威厳に満ち
et justitia ejus manet in saeculum saeculi. その義はとこしえに失せることがない。
Memoriam fecit mirabilium suorum, 主はそのくすしきみわざを記念させれた;
misericors et miserator et justus: 主は恵み深く、あわれみに満ち、正しくいらせられる。
escam dedit timentibus se. 主はおのれを恐れる者に食物を与え、
Memor erit in saeculum testamenti sui: その契約をとこしえに心にとめられる。
virtutem operum suorum annuntiabit populo suo: 主はもろもろの国民の所領をその民に与えて、
Ut det illis hereditatem gentium: みわざの力をこれにあらわされた。
opera manuum ejus veritas et judicium. その御手のわざは真実かつ公正であり、
Fidelia omnia mandata ejus: すべてのさとしは確かである。
confirmata in saeculum saeculi, これらは世々かぎりなく堅く立ち、
facta in veritate et aequitate. 真実と正直とをもってなされた。
Redemptionem misit Dominus populo suo: 主はその民にあがないを施し、
mandavit in aeternum testamentum suum. その契約をとこしえに立てられた。
Sanctum et terribile nomen ejus: 主の御名は聖にして、おそれおおい。
initium sapientiae timor Domini. 主をおそれることは知恵のはじめである;
Intellectus bonus omnibus facientibus eum: これを行う者は、みな良き悟りを得る。
laudatio ejus manet in saeculum saeculi. 主の誉れはとこしえに失せることはない。
Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto, 父と子と聖霊に御栄えあれ、
Sicut erat in principio et nunc et semper はじめにあったごとく、今も、いつも、
et in saecula saeculorum. 世々に限りなく。
Amen.

アーメン。

3. Beatus vir 3. 幸いなるかな
【『詩篇』第112篇/ヴルガタ版111篇】
Beatus vir qui timet Dominum: 幸いなるかな、主をおそれ、
in mandatis ejus volet nimis. そのもろもろの戒めをおおいに喜ぶ者は。
Potens in terra erit semen ejus: その子孫は地において強くなり、
generatio rectorum benedicetur. 正しい者のやからは祝福される。
Gloria et divitiae in domo ejus: 繁栄と富とはその家にあり、
et justitia ejus manet in saeculum saeculi. その義はとこしえに失せることはない。
Exortum est in tenebris lumen rectis: 光は正しい者のために暗黒の中にもあらわれる。
misericors et miserator et justus. 主は恵み深く、あわれみに満ち、正しくいらせられる。
Jucundus homo qui miseretur et commodat, 恵みを施し、貸すことをなし、
disponet sermones suos in judicio: そのことを正しく行う人は幸いである。
quia in aeternum non commovebitur. 正しい人は決して動かされることなく、
In memoria aeterna erit justus: とこしえに覚えられる。
ab auditione mala non timebit. 彼は悪いおとずれを恐れず、
Paratum cor ejus sperare in Domino, その心は主に信頼して揺るがない。
non commovebitur donec despiciat inimicos suos. ついにその仇に打ち勝つまで動かされることがない。
Dispersit, dedit pauperibus: 彼は惜しげなく施し、貧しい者に与えた。
justitia ejus manet in saeculum saeculi, その義はとこしえに、失せることはない。
cornu ejus exaltabitur in gloria. その角は誉れを得てあげられる。
Peccator videbit et irascetur, 悪しき者はこれを見て怒り、
dentibus suis fremet et tabescet: 歯を噛み鳴らして溶け去る。
desiderium peccatorum peribit. 悪しき者の願いは滅び去る。
Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto, 父と子と聖霊に栄光あれ、
Sicut erat in principio et nunc et semper はじめにあったごとく、今も、いつも、
et in saecula saeculorum. 世々に限りなく。
Amen.

アーメン。

4. Laudate pueri 4. ほめたたえよ、主のしもべたちよ
【『詩篇』第113篇/ヴルガタ版112篇】
Laudate pueri Dominum, 主のしもべたちよ、ほめたたえよ。
Laudate nomen Domini, 主の御名をほめたたえよ。
Sit nomen Domini benedictum, 主の御名はほむべきかな、
ex hoc nunc et usque in saeculum. 今より、とこしえに至るまで、
A solis ortu usque ad occasum, 日の出ずるところより、日の入るとこまで、
laudabile nomen Domini. 主の御名はほめたたえられる。
Excelsus super omnes gentes Dominus, 主はもろもろの国民の上に高くいらせられ、
et super coelos gloria ejus. その栄光は天よりも高い。
Quis sicut Dominus Deus noster, われらの神、主にくらぶべき者は誰か、
qui in altis habitat, 主は高きところに座し、
et humilia respicit in coelo et in terra? 遠く天と地とを見おろされる。
Suscitans a terra inopem, 主は貧しい者を塵からあげて
et de stercore erigens pauperem: 乏しい者を糞土からあげて、
Ut collocet eum cum principibus populi sui. もろもろの民の君たちとともに座らせられる。
Qui habitare facit sterilem in domo, また子を産まぬ女に家庭を与え、
matrem filiorum laetantem. 多くの子供たちの喜ばしい母とされる。
Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto, 父と子と聖霊に御栄えあれ、
Sicut erat in principio et nunc et semper はじめにあったごとく、今も、いつも、
et in saecula saeculorum. 世々に限りなく。
Amen.

アーメン。

5. Laudate Dominum 5. 主をほめたたえよ
【『詩篇』第117篇/ヴルガタ版116篇】
Laudate Dominum omnes gentes: もろもろの国よ、主をほめたたえよ
laudate eum omnes populi. もろもろの民よ、主をほめたたえよ
Quoniam confirmata est super nos misericordia ejus: われらに賜るその慈しみは大きいからである。
et veritas Domini manet in aeternum. 主のまことはとこしえに絶えることがない。
Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto, 父と子と聖霊に御栄えあれ、
Sicut erat in principio et nunc et semper はじめにあったごとく、今も、いつも、
et in saecula saeculorum. 世々に限りなく。
Amen.

アーメン。

6. Magnificat 6. わが心は主をあがめ
【『ルカによる福音書』第1章第46~55節】
Magnificat anima mea Dominum. わが心は主をあがめ、
Et exsurtavit spiritus meus in Deo salutari meo. わが霊は救い主なる神を喜びたたえる。
Quia respexit humilitatem ancillae suae: この卑しい女をさえ、心にかけたもうが故に、
ecce enim ex hoc beatam 今から後、代々の人々は、
me dicent omnes generationes. わたしを幸いな女と言うことであろう。
Quia fecit mihi magna qui potens est: 力ある御方が私のために大いなることをなしたもうた。
et sanctum nomen ejus. その御名はきよく、
Et misericordia ejus a progenie in progenies: その御憐れみは代々に限りなく、
timentibus eum. 主をかしこみ恐れる者に及ぶ。
Fecit potentiam in brachio suo 主は御腕をもって力をふるい、
dispersit superbos mente cordis sui. 心の思いのおごり高ぶる者を追い散らし、
Deposuit potentes de sede, 権力ある者を王座から引き下ろし、
et exaltavit humiles. 卑しい者を引き上げ、
Esurientes implevit bonis: 飢えている者を良いもので飽かせ、
et divites dimisit inanes. 富める者を空腹のままで帰らせる。
Suscepit Israel puerum suum, その僕イスラエルを助け、
recordatus misericordiae suae. その御憐れみを思い出させたもう。
Sicut locutus est ad patres nostros, 私たちの父祖アブラハムとその子孫とに、
Abraham et semini ejus in saecula. とこしえに憐れむと言われたとおり。
Gloria Patri et Filio et Spiritui Sancto, 父と子と聖霊に御栄えあれ、
Sicut erat in principio et nunc et semper はじめにあったごとく、今も、いつも、
et in saecula saeculorum. 世々に限りなく。
Amen. アーメン。