第7回定期演奏会《ハイドンのミサ曲》1993.7.2 ノバホール

【演奏者】
指揮 山崎岩男 / ソプラノ 五十嵐郁子 / アルト 栗林朋子 / テノール 山内広文 / バス 浦野智行 / 第1ヴァイオリン 花崎淳生,二橋洋子 / 第2ヴァイオリン  黒田恵里,大田也寸子 / ヴィオラ 高岡真樹 / チェロ 畑野誠司 / コントラバス 蓮池仁 / トランペット 矢沢定明,竹内信 / ティンパニー 安藤芳広 / オルガン 渡部聡 / 合唱 つくば古典音楽合唱団


【プログラムと演奏録音】
John Stanley (1713-1786) スタンリー
Voluntary 「ヴォランタリー ニ短調作品5」より 07-01.mp3 :9.5MB
Joseph Haydn (1732-1809) ハイドン
Missa brevis Sti Joannis de Deo
"Kleine Orgelmesse" in B (1775)
「小オルガンミサ曲」 07-02.mp3 :15.7MB
  1. Kyrie   あわれみの賛歌
  2. Gloria   栄光の賛歌
  3. Credo   信仰宣言
  4. Sanctus   感謝の賛歌Ⅰ
  5. Benedictus   感謝の賛歌Ⅱ
  6. Agnus Dei   平和の賛歌
-休憩-
Joseph Haydn (1732-1809) ハイドン
Missa in Angustiis
"Nelson-Messe" in D (1798)
「ネルソンミサ」
  1. Kyrie   あわれみの賛歌 07-03.mp3 :4.6MB
  2. Gloria   栄光の賛歌 07-04.mp3 :10.0MB
  3. Credo   信仰宣言 07-05.mp3 :8.8MB
  4. Sanctus   感謝の賛歌Ⅰ 07-06.mp3 :2.4MB
  5. Benedictus   感謝の賛歌Ⅱ 07-07.mp3 :5.2MB
  6. Agnus Dei   平和の賛歌Ⅰ 07-08.mp3 :2.3MB
  7. Dona nobis pacem   平和の賛歌Ⅱ 07-09.mp3 :2.5MB

Encore: Haydn, "Nelson-Messe", Dona nobis pacem 07-10.mp3 :2.5MB


【プログラムノート】

《合唱曲》 山崎 岩男

Joseph Haydn (1732~1809) がこの "小オルガンミサ曲" 変ロ長調を作曲したのは 1775年頃とされています。いわゆる《ミサ・ブレヴィス》の形で書かれており、通奏低音の他はヴァイオリン2部の構成で、合唱とソプラノソロを伴います。 "オルガン・ミサ" という呼称に関しては、ハイドン以前の時代、器楽のみの楽曲を指すのが通例ではありましたが18世紀以降、これらの形式の楽曲をも指すようになりました。

この曲には "Missa brevis Sti Joannis de Deo" なる副題も冠されているのですが、これは、この曲が慈悲の友の会修道士の保護聖人Johannes Cuidadに捧げられたことによるものです。ハイドンは17才の少年時代、貧苦にあえぐ頃に、この教会から幾度となく支援を受けたことがありました。このミサ曲はその教会(アイゼンシュタット「慈悲の友の会修道士の教会」)への彼の感謝の意を表わすために書かれたといわれています。

今も現存するこのアイゼンシュタットの教会のオルガンはペダルなしのポジティフ・オルガンでしたので、ペダル技巧の壮麗なバッハなどの作品に比べこの作品はつつましくさえ思える作風であるといえます。とはいえ、1曲目の《キリエ》の「優美さ」やこの曲の頂点といえる《ベネディクトゥス》の、ソプラノソロと技巧を競うような、「華やかさ」はこの楽曲の一つのききどころといえましょう。

さてハイドンはその生涯に於いて2度のイギリス旅行を行っておりますが、その2度目のイギリスの旅を終えて帰国した彼は、晩年とも言えるその時期に、有名なオラトリオ「天地創造」「四季」と、6曲の「ミサ曲」を作曲しました。 これらのミサの依頼主は、 ハイドンが当時楽長としてつかえていたエステルハージ家のニコラウス二世(1765~1833年)で、リヒテンシュタイン家出身の妃の命名日(9月15日)に演奏するミサ曲を毎年書くようにと命ぜられて書くこととなったと言われています。

6曲のミサ曲とは、通称、《戦時のミサ》(1796)、《ハイリゲミサ》(1797)、《ネルソン・ミサ》(1798)、《テレジア・ミサ》(1799)、《天地創造ミサ》(1801)、《ハルモニー・ミサ》(1802)を指し、ハイドンは、これら6曲のミサによって、ミサ曲作曲家としても歴史に名を残すこととなりました。

《ネルソン・ミサ》の名称は、ハイドン自身がつけたものでなく、元来は、 "Missa in Angustiis"「困苦の時のミサ」と名づけられていました。「ネルソン」の名は、「ハイドンがこの曲を作曲中に、イギリスのネルソン提督の艦隊がフランスの艦隊をナイル河口で全滅させたその勝利を聞いて感激し、ベネディクトゥスの章にトランペットのフレーズを入れ勝利のファンファーレとした。」と伝えられるためで、主にドイツ語地域でのこのミサの呼称です。

エステルハージ家の編成であったのか、初版は4人のソリストと合唱、弦、オルガン、ティムパニ、トランペット3とされていましたが、後にフルート、オーボエ、ファゴットが加えられたものが出版されました。また、2度目のイギリス旅行中に聴いて感銘を受けたヘンデルの合唱のスタイルが生かされたのか、カノン、フーガ等、対位法的な書法が使われているのが特徴です。 また、 "サンクトゥス"、 "ベネディクトゥス" に音楽的高まりを持った構成は、この時代のミサとしては珍しいと言われています。


【歌詞対訳】
Missa brevis Sti Joannis de Deo
   "Kleine Orgelmesse" in B (1775)
「小オルガンミサ曲」
Missa in Angustiis
   "Nelson-Messe" in D (1798)

「ネルソンミサ」
1. Kyrie 1. あわれみの賛歌
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
2. Gloria 2. 栄光の賛歌
Gloria in excelsis Deo. 天のいと高きところには神に栄光、
Et in terra pax hominibus bonae voluntatis. 地には御心に適う人に平和あれ。
Laudamus te. われら 主をほめ、
Benedicimus te. 主をたたえ、
Adoramus te. 主をおがみ、
Glorificamus te . 主をあがめ、
Gratias agimus tibi propter magnam gloriam tuam. 主の大いなる栄光のゆえに感謝し奉る。
Domine Deus, 神なる主、
Rex coelestis, 天の王、
Deus Pater omnipotens. 全能の父なる主よ。
Domine Fili unigenite, 主なる御ひとり子、
Jesu Christe. イエス・キリストよ。
Domine Deus, 神なる主、
Agnus Dei, 神の子羊、
Filius Patris. 父の御子よ。
Qui tollis peccata mundi, 世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Qui tollis peccata mundi, 世の罪を除きたもう主よ、
suscipe deprecationem nostram.    われらの願いを聞き入れたまえ。
Qui sedes ad dexteram Patris, 父の右に座したもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Quoniam tu solus Sanctus. 主のみ聖なり、
Tu solus Dominus. 主のみ王なり、
Tu solus Altissimus, Jesu Christe. 主のみいと高し、イエス・キリストよ。
Cum Sancto Spiritu in gloria Dei Patris. 聖霊とともに、父なる神の栄光のうちに。
Amen. アーメン。
3. Credo 3. 信仰宣言
Credo in unum Deum, われは信ず、唯一の神、
Patrem omnipotentem, 全能の父、
factorem coeli et terrae, 天と地、
visibilium omnium et invisibilium. 見ゆるもの、見えざるものすべての造り主を。
Et in unum Dominum Jesum Christum, われは信ず、唯一の神、
Filium Dei unigenitum. 神の御ひとり子、イエス・キリストを。
Et ex Patre natum ante omnia saecula. 主はよろず世のさきに、父より生まれ、
Deum de Deo, 神よりの神、
lumen de lumine, 光よりの光、
Deum verum de Deo vero. まことの神よりのまことの神。
Genitum, non factum, consubstantialem Patri: 造られずして生まれ、父と一体なり、
per quem omnia facta sunt. すべては主によりて造られたり、
Qui propter nos homines 主はわれら人類のため、
et propter nostram salutem descendit de coelis. またわれらの救いのために天よりくだり、
Et incarnatus est de Spiritu Sancto 聖霊によりて、
ex Maria Virgine: おとめマリアより御からだを受け、
et homo factus est. 人となりたまえり。
Crucifixus etiam pro nobis: ポンテオ・ピラトのもとにて、われらのために
sub Pontio Pilato passus, 十字架につけられ、苦しみを受け、
et sepultus est. 葬られたまえり。
Et resurrexit tertia die, secundum Scripturas. 聖書にありしごとく、三日目によみがえり、
Et ascendit in coelum: 天にのぼりて、
sedet ad dexteram Patris. 父の右に座したもう。
Et iterum venturus est cum gloria 主は栄光のうちに再び来たり、
judicare vivos, et mortuos: 生ける人と死せる人とをさばきたもう
cujus regni non erit finis. 主の国は終わることなし。
Et in Spiritum Sanctum Dominum, われは信ず、主なる聖霊
et vivificantem: 生命の与え主を。
qui ex Patre, Filioque procedit. 聖霊は父と子よりいで、
Qui cum Patre et Filio simul adoratur, 父と子とともに拝み
et conglorificatur: あがめられ、
qui locutus est per Prophetas. また預言者によりて語りたまえり。
Et unam, sanctam, catholicam, われは一・聖・公・
et apostolicam Ecclesiam. 使徒継承の教会を信じ、
Confiteor unum baptisma 罪のゆるしのためなる
in remissionem peccatorum. 唯一の洗礼を認め、
Et expecto resurrectionem mortuorum. 死者のよみがえりと、
Et vitam venturi saeculi. 来世の生命とを待ち望む。
Amen. アーメン。
4. Sanctus 4. 感謝の賛歌I
Sanctus, Sanctus, Sanctus, 聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
Dominus Deus Sabaoth. 万軍の神なる主、
Pleni sunt coeli et terra gloria tua. 主の栄光は天地に満つ。
Osanna in excelsis. 天のいと高きところにホザンナ。
5. Benedictus 5. 感謝の賛歌 II
Benedictus qui venit in nomine Domini. ほむべきかな、主の名によりて来る者。
Osanna in excelsis. 天のいと高きところにホザンナ。
6. Agnus Dei 6. 平和の賛歌
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis.    われらをあわれみたまえ。
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
dona nobis pacem.

   われらに平安を与えたまえ。