第8回定期演奏会《ロッシーニの小荘厳ミサ曲》1994.11.26 ノバホール

特別演奏会《ロッシーニの小荘厳ミサ曲》1994.7.16 「太陽の國」テアトロデルソーレ(横浜市)の演奏はこちら

【演奏者】
指揮 山崎岩男 / ソプラノ 松田昌恵 / アルト 栗林朋子 / テノール 大野光彦 / バス 三浦克次 / ピアノ 高島理佐 / ハルモニウム 渡部聡 / 合唱 つくば古典音楽合唱団


【プログラムと演奏録音】
G.Rossini (1792-1868) ロッシーニ
Messe solennelle 小荘厳ミサ曲
1. Kyrie-Christe Soloists and chorus 08-01.mp3:6.5MB
2. Gloria-Laudamus Soloists and chorus 08-02.mp3:2.5MB
3. Gratias Terzetto for contralto, tenor, and bass 08-03.mp3:4.3MB
4. Domine Deus Tenor solo 08-04.mp3:5.1MB
5. Qui tollis Duet for soprano and contralto 08-05.mp36.4MB
6. Quoniam Bass solo 08-06.mp3:7.4MB
7. Cum Sancto Soloists and chorus 08-07.mp35.9MB
-休憩-
8. Credo Soloists and chorus 08-08.mp3:3.8MB
9. Crucifixus Soprano solo 08-09.mp3:3.2MB
10. Et resurrexit Soloists and chorus 08-10.mp3:8.7MB
11. Preludio religioso during the Offertory, for Harmonium 08-11.mp3:8.7MB
12. Sanctus Soloists and chorus 08-12.mp3:3.9MB
13. O Salutaris Soprano solo 08-13.mp3:5.4MB
14. Agnus Dei Contralto and chorus 08-14.mp3:6.9MB


【プログラムノート】

《合唱曲》 山崎 岩男

ジョアッキーノ・ロッシーニ(1792-1868)というイタリアの作曲家の名前は、しばしば陽気な喜歌劇の題名と共に現われるため、その宗教作品に触れた事のない者にとってはそれがどの様な音楽であるのか想像しにくいに違いない。

確かにロッシーニはその半生、情熱の全てをオペラに捧げたのだった。しかしいよいよ円熱期を迎えようという36才、セリアオペラの「ウィリアム・テル」の成功を機に突然オペラ作曲界から引退し、それから死に至るまでの半生を「老いのあやまち」と称して数曲の歌曲、宗教曲の作曲活動のみに費やしたのである。「小荘厳ミサ曲」は、彼がオペラの華やかなステージを降りて30余年の作品、(それも、死の4年前)、つまり「老いのあやまち」の最後期にあたる1863年にひっそりと生みだされた作品である。

ロッシーニのオペラ界に於ける功績としては、歌手全盛時代にあってそれまで歌手にまかされていた旋律の装飾法を整理し、(歌い手の自己主張のための勝手な即興を禁止し)、作曲者に旋律の主導権を戻したこと、また漸強法(クレッシェンド)などの音楽表現の導入等が挙げられる。つまり、彼のデビュウした時代はまだ歌手万能時代であり、彼はそんな「歌い手天下」に「作曲家の作品が問われる時代」へ向けての、改革の鉈をふるった人であるというわけである。

ロッシーニの時代のオペラは、どの作曲家も全て新たに作曲することがめずらしく、必ずどこかに自分の既製のアリアや序曲を入れたり、またひどい場合には歌手の希望した民謡等をも挿入したのだった。そのような作品であっても、「社交の場としての劇場」のBGMとして、オペラは充分な役割を果たしていたし、中に1つ見せ場さへつくっておけば作曲家は何とか安泰なのだった。

そういった当時の「作曲」の在り方の中に於ても、ロッシーニは自分の作る旋律と音楽の必然を頑強に主張し、また、ドラマをもりあげるための手法を多く試みては、それらを聴衆に理解させてゆく努力を惜しまなかった。そしてついに「セビリアの理髪師」、「アルジェのイタリア女」に見るように、彼は自分の理想と劇場の要求をみごとに「喜歌劇」の中にバランスさせたのだった。

しかし彼は引退した。それはあたかもオペラ作曲の中には音楽の表現の限界があると見切りをつけたかの様であり、また彼自身の音楽の真実に近付こうとしてのことであるかの様でもあった。実際、フィオリトゥーラ(装飾音群)のたくさんついた華美なアリアのメロディーがまだまだ劇場に流れている時代に生まれた、この「小荘厳ミサ曲」の、テキストと深くむすびついた説得力のある力強い音楽は、ロッシーニのオペラ引退の理由と、音楽に対する彼の真摯な姿勢をわれわれに思わせずにはおかない。

オリジナルの小荘厳ミサのスコアの扉には 「2台のピアノとハルモニウムの伴奏を持つ4部からなる『小ミサソレムニス』。男、女、及びカストラートの三つの性による十二人のうたい手(4人のソロと8人の合唱)で充分。この十二人は小天使に他ならない。...」といったロッシーニのメモがある。伴奏がオーケストラである必要を認めず、(他人にオーケストレーションされることを嫌うがゆえに一応オーケストラバージョンは出版したものの、演奏されることをよしとしなかった。)この小編成で作曲したのは、彼がその半生で、オペラをとおして、知りつくした人の声の魅力と彼自身の音楽を充分に表現できるのはこの形であると判断したからに他ならない。しかし、マエストロ・ロッシーニ、本日は、諸般の事情と時代の要求から、1パート約12名の小天使がうたいますことをお許しください。


【歌詞対訳】
                                
1. Kyrie-Christe Soloists and chorus
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Christe eleison. キリストよ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。
2. Gloria-Laudamus Soloists and chorus
Gloria in excelsis Deo. 天のいと高きところには神に栄光、
Et in terra pax hominibus bonae voluntatis. 地には御心に適う人に平和あれ。
Laudamus te. われら主をほめ、
Benedicimus te. 主をたたえ、
Adoramus te. 主をおがみ、
Glorificamus te. 主をあがめ、
3. Gratias Terzetto for contralto, tenor, and bass
Gratias agimus tibi propter magnam gloriam tuam. 主の大いなる栄光のゆえに感謝し奉る。
4. Domine Deus Tenor solo
Domine Deus, 神なる主、
Rex coelestis, 天の王、
Deus Pater omnipotens. 全能の父なる主よ。
Domine Fili unigenite, 主なる御ひとり子、
Jesu Christe. イエス・キリストよ。
Domine Deus, 神なる主、
Agnus Dei, 神の子羊、
Filius Patris. 父の御子よ。
5. Qui tollis Duet for soprano and contralto
Qui tollis peccata mundi, 世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis. われらをあわれみたまえ。
Qui tollis peccata mundi, 世の罪を除きたもう主よ、
suscipe deprecationem nostram. われらの願いを聞き入れたまえ。
Qui sedes ad dexteram Patris, 父の右に座したもう主よ、
miserere nobis. われらをあわれみたまえ。
6. Quonium Bass solo
Quoniam tu solus Sanctus. 主のみ聖なり、
Tu solus Dominus. 主のみ王なり、
Tu solus Altissimus, Jesu Christe. 主のみいと高し、イエス・キリストよ。
7. Cum Sancto Soloists and chorus
Cum Sancto Spiritu in gloria Dei Patris. 聖霊とともに、父なる神の栄光のうちに。
Amen. アーメン。
8. Credo Soloists and chorus
Credo in unum Deum, われは信ず、唯一の神、
Patrem omnipotentem, 全能の父、
factorem coeli et terrae, 天と地、
visibilium omnium et invisibilium. 見ゆるもの、見えざるものすべての造り主を。
Et in unum Dominum Jesum Christum, われは信ず、唯一の神、
Filium Dei unigenitum. 神の御ひとり子、イエス・キリストを。
Et ex Patre natum ante omnia saecula. 主はよろず世のさきに、父より生まれ、
Deum de Deo, 神よりの神、
lumen de lumine, 光よりの光、
Deum verum de Deo vero. まことの神よりのまことの神。
Genitum, non factum, consubstantialem Patri: 造られずして生まれ、父と一体なり、
per quem omnia facta sunt. すべては主によりて造られたり、
Qui propter nos homines 主はわれら人類のため、
et propter nostram salutem descendit de coelis. またわれらの救いのために天よりくだり、
Et incarnatus est de Spiritu Sancto 聖霊によりて、
ex Maria Virgine: おとめマリアより御からだを受け、
et homo factus est. 人となりたまえり。
9. Crucifixus Soprano solo
Crucifixus etiam pro nobis: ポンテオ・ピラトのもとにて、われらのために
sub Pontio Pilato passus, 十字架につけられ、苦しみを受け、
et sepultus est. 葬られたまえり。
10. Et resurrexit Soloists and chorus
Et resurrexit tertia die, secundum Scripturas. 聖書にありしごとく、三日目によみがえり、
Et ascendit in coelum: 天にのぼりて、
sedet ad dexteram Patris. 父の右に座したもう。
Et iterum venturus est cum gloria 主は栄光のうちに再び来たり、
judicare vivos, et mortuos: 生ける人と死せる人とをさばきたもう
cujus regni non erit finis. 主の国は終わることなし。
Et in Spiritum Sanctum Dominum, われは信ず、主なる聖霊
et vivificantem: 生命の与え主を。
qui ex Patre, Filioque procedit. 聖霊は父と子よりいで、
Qui cum Patre et Filio simul adoratur, 父と子とともに拝み
et conglorificatur: あがめられ、
qui locutus est per Prophetas. また預言者によりて語りたまえり。
Et unam, sanctam, catholicam, われは一・聖・公・
et apostolicam Ecclesiam. 使徒継承の教会を信じ、
Confiteor unum baptisma 罪のゆるしのためなる
in remissionem peccatorum. 唯一の洗礼を認め、
Et expecto resurrectionem mortuorum. 死者のよみがえりと、
Et vitam venturi saeculi. 来世の生命とを待ち望む。
Amen. アーメン。
11. Preludio religioso during the Offertory, for Harmonium
12. Sanctus Soloists and chorus
Sanctus, Sanctus, Sanctus, 聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
Dominus Deus Sabaoth. 万軍の神なる主、
Pleni sunt coeli et terra gloria tua. 主の栄光は天地に満つ。
Hosanna in excelsis. 天のいと高きところにホザンナ。
Benedictus qui venit in nomine Domini. ほむべきかな、主の名によりて来る者。
Hosanna in excelsis. 天のいと高きところにホザンナ。
13. O Salutaris Soprano solo
O Salutaris hostia ああ、救いのいけにえ、
Quセ cマli pandis ostium 天国の門を開きたもうおん方よ、
Bella premunt hostilia われらの敵は四方から押し寄せる、
da robur fer auxilium. われらに力と助けとを与えたまえ。
Amen. アーメン。
14. Agnus Dei Contralto solo and chorus
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis. われらをあわれみたまえ。
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、
miserere nobis. われらをあわれみたまえ。
Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: 神の子羊、世の罪を除きたもう主よ、

dona nobis pacem.

 

われらに平安を与えたまえ。

 


【アウグスブルグから】

鈴木 優のメッセージ

カール・ケンプター(1819~1871)の"パストラール・ミサ"という曲があります。もし皆様の中でこの曲を御存知の方がいらっしゃいましたら、その方はかなりのオタクか相当御ビョーキの進まれた方でしょう。

私もアウグスブルクに来るまではまったく知らなかった曲ですが、聖歌隊を持つアウグスブルクやその周辺の教会のほとんどがクリスマスに演奏するという、この地方ではとても有名な曲です。

知り合いの教会音楽家が言うには"この曲をやらないと教会員の人から何故やらないのだと文句を言われるのだ"とのことでした。

昨年のクリスマスに近郊の小さな教会の聖歌隊の手伝いに行くことになって、初めて楽譜を見ました。

はっきりいって楽譜から受ける印象はモーツァルトやハイドンなどのミサ曲と比べれば、どうひいき目に見ても2級品です。親しみやすい旋律ではありますが、少々通俗的で又時々感傷的でもあります。

要するに霊感に乏しい音楽ではありますが、実際の教会の聖歌隊のレパートリーとしては、それほどこみいった練習も必要でないでしょうから、とても実用的ではあるなと思ったのでした。

作曲者のケンプターはアウグスブルクの中心にあるドム教会の楽長であった人です。またこの曲の楽譜はアントン・ベーム&ゾーンというアウグスブルクの出版社から出されており、楽譜の表題には"有名な(berühmte)パストラーレミサ"と書かれています。まあこれは本当に御当地ミサ曲なのですね。

昨年のクリスマス、私は24日の夜のドム教会のミサでこの曲を実際に初めて聴きました。教会には沢山の人が集まり、2時間以上に及ぶ長いミサの間ずっと立っていなければなりませんでした。

そこで実際に教会の中で鳴り響いた"パストラールミサ"からは単に楽譜から受けていたもの以上の印象を受けました。祝祭的な気分の中に、あたたかさや安心感といったものを感じました。

また26日の朝には小さな村の教会の聖歌隊の中でこのミサを歌いました。オルガンと5人の器楽奏者に25名ほどの聖歌隊による演奏でした。我々の演奏がどうだったかは別として、敬虔さや親密さにあふれた、素朴ではありますが良い典礼であったと思います。

これらの体験の間に私が考えたことは"この曲を日本で演奏したらどういうことになるだろうか"ということでした。

たとえばドイツに限らず各地に、その土地土地特有の料理があります。またそれぞれの土地にワインやビールがあります。そういったものを味わう時に"これは日本で食べてもこのようにおいしく感じられるものだろうか"としばしば考えます。

それぞれの土地の気候条件や土壌が素材となる農作物に恵みを与えます。人々の味覚が長い時間かけて味を決めてきたでしょうし、またその土地での労働や生活に、より良い型でエネルギーを供給するようなものへと自然となってきたでしょう。

また、そういった料理を食べるレストランや居酒屋の雰囲気というものも重要であると思います。そこで働く人や、そこに集まる人々の服装や、食べっぷり、飲みっぷり、話しっぷりも含めて。

合唱というものが、単純に大勢の人々が同時にひとつの歌を歌うものであるとするなら、それが礼拝のための讃美歌であれ、サッカーの試合で地元のチームを応援するための歌であれ、ビアハレで腕を組みつつ歌う歌であれ、それはある集団あるいは共同体の共同声明であると言えましょう。

そういった大衆の音楽、民謡とか民族音楽の豊かな土壌の中から真の芸術的な音楽が開花しているのであることを、私はこの2年近くのドイツでの生活から実感しております。

民謡は珠玉のごとく美しいものが沢山ありますし、そこから頂点にそびえる芸術的音楽まで、何の断層もなく様々な音楽が連なっています。

そして時に頂点にある芸術的音楽が、根源の民族的な音楽に極めて近い形をとることも多々あります。

ヨーロッパの音楽は日本人にとっては接ぎ木された文化です。ですから根の部分よりも、まづ頂点の方が先に移入されたことは、やむをえなかったことであり、また当然のことだったでありましょう。しかしながら今では、私達はその土壌や根の部分にも目を向けるべきでしょう。それは確かに持ち出してくるのが難しい部分ではありますが。

私は来年の2月より再びつくば古典音楽合唱団の皆様といっしょに音楽を造る作業をさせていただきますが、このような見地からも少々幅広い選曲をしたいと考えています。

演奏会の季節柄アドヴェントやクリスマスの音楽をプログラムに入れたいと思います。それも例えばシュッツのモテットやバッハのコラール編曲、そしてクリスマスのための民謡の合唱編曲といったいろいろな曲種から選びたいですね。

ドイツの合唱音楽の歴史は、ある一面はコラールや民謡の編曲の歴史であると言えると思います。古今の作曲家の、もとの旋律に対する愛情あふれる編曲が沢山あります。

ところでケンプターの"パストラールミサ"は日本に持ち出し可能な音楽でしょうかねえ。今この原稿を書きながら(6月19日ですが)CD を聴いてみましたが、どうもこれはクリスマス前後の限定された時期に、バイエルンという限定された地域のカトリック教会で聴くのが良いようにも思えますね。

まあ、それでも一度、何かの機会に試みてみたいという興味はあるんですけどね。日本合唱史上初の"B級合唱曲大会"なんて企画はやっぱり通らないでしょうね。

アウグスブルクにて
すずき まさる

 

特別演奏会《ロッシーニの小荘厳ミサ曲》1994.7.16 「太陽の國」テアトロデルソーレ(横浜市)

【演奏者】
指揮 山崎岩男 / ソプラノ 五十嵐郁子 / アルト 栗林朋子 / テノール 大野光彦 / バス 三浦克次 / ピアノ 高島理佐 / ハルモニウム 渡部聡 / 合唱 つくば古典音楽合唱団


【プログラムと演奏録音】
G.Rossini (1792-1868) ロッシーニ
Messe solennelle 小荘厳ミサ曲
1. Kyrie-Christe Soloists and chorus 940716Ra.mp3:37.3MB
2. Gloria-Laudamus Soloists and chorus
3. Gratias Terzetto for contralto, tenor, and bass
4. Domine Deus Tenor solo
5. Qui tollis Duet for soprano and contralto
6. Quoniam Bass solo
7. Cum Sancto Soloists and chorus
-休憩-
8. Credo Soloists and chorus 940716Rb.mp3:41.1MB
9. Crucifixus Soprano solo
10. Et resurrexit Soloists and chorus
11. Preludio religioso during the Offertory, for Harmonium
12. Sanctus Soloists and chorus
13. O Salutaris Soprano solo
14. Agnus Dei Contralto and chorus