つくば古典音楽合唱団のページへようこそ

第34回演奏会


つくば古典音楽合唱団 第35回定期演奏会「バッハに流れ込む音楽史的潮流」
2022年12月11日(日)17:00開演 つくば市ノバホール


今回は、「バッハに流れ込む音楽史的潮流」と題しまして、ピエール・ド・ラ・リュー(c.1452-1518)、ジョスカン・デ・プレ(c.1450-1521)、ブクステフーデ(1637-1707)、ローゼンミュラー(1619-1684)、そしてバッハ(1685-1750)の音楽をお聴きいただきます。ベートーヴェンはバッハについて「バッハは小川ではなく大海である」と語っています。ベートーヴェンはバッハの音楽にはそれまでの西洋音楽のあらゆる様式が流れ込んでおり、なおかつバッハはそれらの様式を統合したのだという意味で「小川ではなく大海」という言葉を残しました。本日演奏いたしますカンタータ第131番でもテキストは旧約聖書、その上にルネサンスのポリフォニー様式、バロックの通奏低音、ルター派教会のコラール、オーケストラと独唱によるコンチェルトといった多様な様式の音楽が重層的に積み重ねられているのをお聴きいただけるでしょう。そしてバッハに至る音楽史的潮流として15~16世紀のポリフォニー様式の合唱曲、およびバッハが直接に影響を受けたブクステフーデの作品を紹介いたします。尚、当日は9名の古楽器によるオーケストラ、および3名の声楽ソリストにご共演いただき、A = 415Hz のピッチで演奏いたします。

チケット予約
演奏会の詳細
「ご来場のお客様へのお願い」をご一読ください。


◆ご来場のお客様へのお願い◆

ご来場の際は、新型コロナウイルス感染予防のためにご協力をお願いします。

●ご来場前に
・発熱、倦怠感、咳などの症状がある方は、来場をご遠慮ください。
・チケット半券にお名前・ご住所・お電話番号をご記入下さい。この半券は演奏会終了後2週間保管します。要請があった際は保健所等に提供する場合があります。演奏会にお越しになる前に、あらかじめ記入をお願いいたします。
・状況が変化することも考えられます。直前に本ホームページをご確認下さい。

●ご入場の際に
・マスクの着用をお願いします。
・入館時に検温と手指のアルコール消毒をお願いします。
・密集を避けるため余裕を持ったご入場をお願いいたします。開演の1時間前(16時)から開場しております。
・チケットもぎりは行いません。入場の際に係りの者が目視で確認いたしますので、チケットをご提示いただき、記名済みの半券をご自身で所定の箱にお入れください。また、プログラムもご自身でお取りください。

●ご入場後から退館まで
・座席は自由ですが、間隔を空けてお座りください。
・休憩時は、ドアを開放して換気を致します。ロビー等での会話はお控え下さい。
・今回は、コーヒー販売や花束等の受付、演奏会後の出演者との交流はございません。
・演奏会終了後は、「密」を避け、速やかにご退館お願いいたします。
・アンケートの回収を行います。ご住所お名前を記載してくださった方には、来年の演奏会の案内をお送りいたします。

出演者、スタッフ一同,感染対策を万全に皆さまのご来場をお待ちしております。
状況が変化することも考えられます。直前に本ホームページをご確認下さい。